Cocoの思い

ココのルーツは、昭和43年にまでさかのぼります。

スタートは父が創業したサンドウィッチ工場。

ベーカリーチェーンやスーパーマーケットに卸すためのサンドウィッチを製造していました。阪神間でおなじみのパン屋やスーパーの店頭には、わたしたちの工場で作ったサンドウィッチが並んでいました。

それから約50年。少しずつカタチを変え、場所を変えながら、今日までずっとサンドウィッチづくりに励んできました。

「“おいしいね”の言葉が聞きたい」のは、

昨日今日の思いではないのです。